logo

パナソニック、家具調デザインのラックシアター「サウンドボード SC-HTF5」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは8月4日、AVラックにスピーカーを内蔵した「サウンドボード SC-HTF5」を発表した。インテリアにマッチする家具調デザインを採用したという。8月27日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は6万円前後になる。

 テレビドラマのセリフや、スポーツ番組の解説などを聴きとりやすくし、さらに効果音の成分を前方上方に拡大する独自の音声技「新・明瞭ボイス」を搭載。また、「振動キラー」サブウーファを内蔵し、低音再生時の不要振動を低減したとしている。

 薄型テレビ「VIERA」と接続して使用できる「ビエラにリンク!」に対応。見ている番組のジャンルに合わせてサウンドモードを自動で切り替える「番組ぴったりサウンド」機能や、使用しない時に自動で電源がオフになる「こまめにオフ」、番組ジャンルに合わせて自動的に省電力モードに切り換える「番組連動おまかせエコ」などの省電力モードなどが設定できる。本体サイズは高さ444mm×幅1070mm×奥行350mmで、重量約34.0kg。

SC-HTF5 「サウンドボード SC-HTF5」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集