logo

ソフトバンクモバイルら、タクシー車内向けデジタルサイネージを開発

松田真理(マイカ)2010年08月02日 19時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本タクシー広告、トッパン・フォームズ、テレコムサービス、ソフトバンクモバイル、テレビ東京の5社は8月2日、タクシー車内設置型サイネージメディア「タクシーチャンネル」を共同開発したことを発表した。東京都内に約4000台を設置し、順次全国の主要都市に展開する。

 タクシーチャンネルでは、ソフトバンクモバイルの3Gネットワークに対応した、7.0インチワイド液晶モニタを利用する。トッパンフォームズ製ICカードリーダ/ライタを搭載し、タッチパネル操作も可能だ。

 配信コンテンツは、番組12枠、インフォマーシャル4枠、 CM32枠で構成する。CM放映料金は、4000台の15秒基本枠で、1カ月あたり200万円(税別)の予定。また、180秒の番組枠、60秒のインフォマーシャル枠についても販売を検討するとのことだ。

 今後、10月中に試験運用やCM枠の販売を開始した後、12月に正式運用する。

タクシーチャンネル タクシー車内設置型サイネージメディア「タクシーチャンネル」

-PR-企画特集