logo

フォトレポート:ボストンレッドソックス本拠地「フェンウェイパーク」に見る伝統

文:CNET News Staff 翻訳校正:編集部2010年08月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ボストン発--アメリカ大リーグにおいて、フェンウェイパークほど愛されている球場はないだろう。フェンウェイパークはBoston Red Soxの本拠地として1912年から使われている。同球場がオープンしたのは1912年4月20日で、初試合の対戦相手はNew York Highlanders。2万7000人のファンが来場した。

 同球場で最も有名なのは、「Green Monster」と呼ばれる高さ37フィート(約11m)のレフトフェンス、そして、手動式のスコアボードだろう。

 米CNETのDaniel Terdiman記者が同球場を訪れて、その裏側を取材した。

 ボストン発--アメリカ大リーグにおいて、フェンウェイパークほど愛されている球場はないだろう。フェンウェイパークはBoston Red Soxの本拠地として1912年から使われている。同球場がオープンしたのは1912年4月20日で、初試合の対戦相手はNew York Highlanders。2万7000人のファンが来場した。

 同球場で最も有名なのは、「Green Monster」と呼ばれる高さ37フィート(約11m)のレフトフェンス、そして、手動式のスコアボードだろう。

 米CNETのDaniel Terdiman記者が同球場を訪れて、その裏側を取材した。

提供:Daniel Terdiman/CNET

 ボストン発--アメリカ大リーグにおいて、フェンウェイパークほど愛されている球場はないだろう。フェンウェイパークはBoston Red Soxの本拠地として1912年から使われている。同球場がオープンしたのは1912年4月20日で、初試合の対戦相手はNew York Highlanders。2万7000人のファンが来場した。  同球場で最も有名なのは、「Green Monster」と呼ばれる高さ37フィート(約11m)のレフトフェンス、そして、手動式のスコアボードだろう。  米CNETのDaniel Terdiman記者が同球場を訪れて、その裏側を取材した。

-PR-企画特集