logo

シャープ、Blu-ray Disc新規格対応3層式メディア--容量は2倍の100Gバイト

加納恵(編集部)2010年07月16日 14時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月16日、Blu-ray Discの新規格「BDXL」に対応した、Blu-ray Discメディア「VR-100BR1」を発表した。BDXLは、3層式で容量が2倍の100Gバイトになる。発売は7月30日。店頭想定価格は5000円前後になる。

 また、5月に発表済みのBlu-ray Discレコーダー「BD-HDW700/HDW70」の2機種を、世界初のBDXL対応レコーダーとして発売することも明らかにした。VR-100BR1と同日に発売される。

シャープ 執行役員AVシステム事業本部本部長 中村恒夫氏 シャープ 執行役員AVシステム事業本部本部長 中村恒夫氏

 シャープの執行役員AVシステム事業本部本部長である中村恒夫氏は「今回のBDXL対応レコーダーは、シャープとパイオニアの子会社である、パイオニアデジタルデザイン アンド マニュファクチャリング(PDDM)にて、垂直統合型の開発を行った。両社の技術を結集することで世界初のレコーダーを発表できた」と開発の背景を話した。

 BDXLは、Blu-ray Disc Association(BDA)に策定されているBlu-ray Discの新規格。従来まで最大2層(50Gバイト)だったディスクを3層へと多層化することで大容量を確保する。今回発表されたVR-100BR1は、1回録画用のBD-Rタイプ。これ以外にも、書き換え型の3層式BD-RE(100Gバイト)、4層式のBD-R(128Gバイト)が規格化されている。

 シャープでは、対応レコーダーであるBD-HDW700/HDW70で、すべてのBDXL規格ディスクの再生、録画が可能としている。ただし、BDXLディスクは、対応レコーダー以外で再生、録画はできない。

 4月にシャープブランドのBlu-ray Discメディアを発売した同社では、メディアの販売目的について、Blu-ray Discレコーダー開発のスピードアップを挙げる。

  • BDXL対応の光ピックアップ

  • BDXL対応のBlu-ray Discドライブ

  • BDXL用ピックアップ/ドライブ技術

シャープ AVシステム事業本部副本部長兼パイオニアデジタルデザイン アンド マニュファクチャリング副社長の小田守氏 シャープ AVシステム事業本部副本部長兼パイオニアデジタルデザイン アンド マニュファクチャリング副社長の小田守氏

 AVシステム事業本部副本部長兼パイオニアデジタルデザイン アンド マニュファクチャリング副社長の小田守氏は「従来のハードウェア事業に加えて、メディア事業にも進出することで、大容量ストレージ時代を切り開いていく。今後さまざまな用途をがんばって提案していきたい」とメディアを含めたBlu-ray Disc事業の方針を話した。

 同社では、BDXL対応機の比率を2010年上期に3%、下期に55%、2011年には100%にする方針を示し、BDXLが今後のBlu-ray Disc事業の伸びを支える新技術になるとした。

  • BDXL対応の3層式Blu-ray Discメディア「VR-100BR1」

  • BDXL対応となる「BD-HDW700/HDW70」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集