logo

ICANN、ルートゾーンでの「DNSSEC」プロトコルの運用を開始

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年07月16日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IPアドレスやドメイン名などの割り当てを管理する組織ICANNは米国時間7月15日、Domain Name System Security Extensions(DNSSEC)プロトコルのルートゾーンのトラストアンカーを公開した。DNSSECは、DNSキャッシュ汚染による不正なウェブサイトへのリダイレクトを防ぐためのもので、5月の段階で13のルートサーバでテスト展開されていた。今回の公開により、インターネットの全域で展開することが可能になるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]