logo

東芝、中国でのテレビ販売合弁会社を設立--一般店へも販売網を拡大

加納恵(編集部)2010年07月15日 16時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は7月15日、中国の家電メーカーであるTCL集団と、テレビ販売に関する合弁会社「東芝ビジュアルプロダクツ(中国)社」を設立すると発表した。2012年度には、1万店舗を超える販売網の構築を目指す。

 東芝では、中国のテレビ市場が、2012年度には2009年度比で約190%伸長し、2010年度は国別市場規模で世界最大の市場になると予測。そこで、従来の沿岸大都市圏に加え、さらなる伸長が見込まれる内陸都市部にも注力し、販売網を構築する構えだ。

 新会社の出資比率は東芝が51%、TCL集団が49%。9月の営業開始を予定しており、社長には李建新(Li Jianxin)氏が就任する。

 今後はTCL集団と協力し、中国市場の需要に特化したテレビのラインアップを拡充していく方針だ。供給体制も、自社工場である大連東芝テレビジョンでの生産に加え、TCL集団の生産拠点からも東芝ブランド商品を調達していくとしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集