Evernote、サードパーティーアプリディレクトリ「The Trunk」を追加 - (page 2)

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月15日 08時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現時点では、各サードパーティーによる有料サービスオプションはすべて、その企業のサイトで処理されるが、Libin氏は、2010年中にリリースするバージョンでは、支払いシステムを搭載し、ユーザーはアプリケーションを離れなくてもよいようになると述べた。また同社は、サードパーティーが収益を上げられるように、Trunkに収益分配とアフィリエイトプログラムを追加することも計画している。

 新機能に加えて、Trunkは、「branded notebooks」と同社が呼ぶ、コンテンツプロバイダー向けの場所としての役割も担う。これは、California Home and Design、BlackBook、O'Reilly's MakeなどのパブリッシャーによるEvernoteファイル形式の記事や特集のようなメディアコンテンツであり、ユーザー自身のEvernoteメモととともに参照することができる。Libin氏はこれを、ユーザーが「専門的なコンテンツに(ユーザー)独自の考えや記憶を補足する」ことのできるものだと説明した。

branded notebooks 提供:Evernote

 新しいTrunk機能とbranded notebooksに加えて、Libin氏は、グループによる共同作業の新しい方法を発表した。Evernoteでは、共有アイテムを単一のフォルダにまとめ、異なる場所にいるユーザーが最も新しいバージョンを参照できるようになる。Libin氏はこれを、Evernoteを企業や教育関連ユーザーに対してよりフレンドリーなものにするための次なるステップの1つであると説明した。

 将来的には、セマンティック解析ツール、テンプレート、教育ツール、さらにはゲームもTrunkディレクトリに追加し、外部のソーシャルネットワークとの統合も強化する予定であるとLibin氏は述べた。「Trunkはソーシャルウェブへのかけ橋である」とLibin氏は述べている。

branded notebooks 提供:Evernote

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]