logo

アップルとAT&Tの「iPhone」独占販売めぐる訴訟、集団訴訟に認定

文:Sam Diaz(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部2010年07月12日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独占販売契約を結ぶAppleとAT&Tに対する訴訟が、2007年6月29日から現在までのiPhone購入者による集団代表訴訟の形をとることを認められた。

 訴訟では、AT&Tと2年契約を結んだ顧客が、AppleとAT&Tの独占契約が5年間に渡るものだったことを知っていたかが問われている。AppleはAT&Tとの契約期間を公の場で明らかにしたことはなく、5年という期間は本訴訟に関連して提出された文書で最近明らかになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集