logo

[ウェブサービスレビュー]インストール済みフォントを一発表示--「aulta fonts viewer」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オルタ
内容:「aulta fonts viewer」は、PCにインストールされているフォントをブラウザ上で一括プレビューできるウェブサービスだ。Flashベースで動作し、アルファベットのほか日本語フォントを表示することもできる。

 PCにインストールされているフォントが増えてくると、各フォントのデザインを確認するのが非常に面倒になってくる。これらインストール済のフォントをブラウザ上でプレビューできるウェブサービスはいくつかあるが、実際に使ってみると日本語に対応していなかったり、またブラウザとの相性が悪くハングアップすることもしばしばだ。

  • サイトトップページ。アクセスしただけでインストール済みフォントのプレビューが表示される。動作にはFlashが必要

 今回紹介する「aulta fonts viewer」は、サイトにアクセスするだけで、インストール済みのフォントを一覧表示してくれるウェブサービスだ。国産のサービスということで日本語フォントにもしっかり対応しているのはうれしい。設定変更時にブラウザが重くなることがないわけではないが、筆者がこれまで試用した競合サービスに比べるとハングアップすることもなく、動作も比較的軽快であるようだ。

  • 日本語の表示にもきちんと対応する

  • ページ上部のテキストボックスに入れた任意のテキストを、各フォントで表示できる

  • テキストのほか、フォントサイズ、文字色、背景色の変更も可能

 デフォルトの設定ではフォント名がそのままテキストになって表示されるが、ページ上部のテキストボックスから任意のテキストを入力することにより、それらのテキストが各フォントでどのように表示されるかを手軽にチェックできる。任意のテキストを入力した場合でもマウスオーバーすればフォント名が表示されるので、どのフォントを使って表示しているかを見分けることは容易だ。

 筆者の環境で試した限りでは、Google Chromeでは表示ができなかったものの、Internet Explorer(IE)、Firefox、Operaの各ブラウザでは正常動作した。非常にシンプルで使い勝手がよいので、ブックマークの中に入れておくと重宝するだろう。

  • マウスオーバーするとフォント名が表示される。ブラウザによってはツールチップでも表示される

  • すべてのフォントが1ページで表示されるので、フォントの数が多いとスクロールがやや面倒になる

  • Internet Explorer 8で表示した例

  • Firefox3.6で表示した例。ブラウザによってフォントは微妙にイタリックだったり、一部が化けていたりと多少の表示の差はある。この例だけ見るとFirefoxのほうが表示は正確なようだ

-PR-企画特集