日立ソフト、資産が見える化できるSaaS型「クライアント管理サービス」を販売開始

富永恭子(ロビンソン)2010年06月29日 19時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは6月29日、クライアントPCのライセンス管理と物品の管理を支援するSaaS型の「クライアント管理サービス」を7月1日より販売開始することを発表した。

 同サービスは、日立グループのクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のひとつとして開発されたサービス。情報資産の各管理業務について、実質的なクライアントPC所有者である部門が管理するように業務プロセスを規定し、それをサポートするシステムをSaaSで提供する。これにより、これまで難しかった「資産の見える化」が実現し、資産の動きやライセンスの過不足をワークフローや部門ごとでリアルタイムに把握、管理省力化と管理を徹底するという。

 またライセンス管理では、日立ソフトが数年前から同社システムで蓄積してきた独自のソフトウェアカタログを提供。「ライセンス利用状況の見える化」を実現することで、精度の高いソフトウェア導入状況レポートが閲覧可能となり、ライセンス管理を徹底できるとしている。

 日立ソフトでは、このクライアント管理の仕組みにより、自社の1万台を超えるPCの台数を約25%削減することに成功している。

 クライアント管理サービスの提供価格は、システム管理スイートがPC 1台あたり月額315円から、販売は500台から1台単位で、年間契約が前提となる。日立ソフトでは今後、同サービスの拡販を推進するとともに、プロビジョニング(ソフトウェア配布)、脆弱性管理、不正PC接続防止などのサービスを拡充していく予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加