logo

フリービット、フルスピードの連結子会社化でTOB

新澤公介(編集部)2010年06月28日 20時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリービットは6月28日、ネット広告事業を手掛けるフルスピードを連結子会社化することを目的に、株式の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

 買付予定数の上限は普通株式7万2204株で、フルスピードの議決権数の50.10%にあたる。買付価格は1株あたり2万9000円。これは6月25日終値2万6000円に対して11.54%のプレミアム。買付総額は20億9300万円になる。買付期間は6月29日〜7月27日。フルスピード筆頭株主(持ち株比率は48.86%)で同社代表取締役社長の芳賀麻奈穂氏は、TOBに賛同するとしている。

 フリービットは、フルスピードを子会社化することで、既存ビジネスの改善と新規投資事業の伸長を図る。具体的には、(1)「ServersMan」による広告サービスとネット家電向け広告サービスの確立、(2)ISP関連事業への広告ビジネスモデルの導入とISPユーザーの獲得手法の改善、(3)中小企業向けクラウドサービスの販路拡大、(4)両社のISP関連事業の融合によるシナジー――の4点を挙げている。

-PR-企画特集