応募総数340件から優れたAndroidアプリを選出--A3 2010 Spring表彰式

新澤公介(編集部)2010年06月25日 17時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Androidアプリの開発促進を目的にしたコンテスト「Android Application Award(A3)2010 Spring」の表彰式が6月24日、開催された。応募総数340件のうち最終ノミネート作品17アプリを選出し、表彰した。

 大賞は、タオソフトウェアが開発した目覚まし時計作成アプリ「tWakeUpCallMaker」。PCや専門知識を必要とせずに、Android上でAndroid用の目覚まし時計アプリを作成できるのが特長だ。また作成したアプリは、メール添付してほかのユーザーに送信できる。

丸山不二夫 日本Androidの会会長の丸山不二夫氏

 tWakeUpCallMakerについて、日本Androidの会会長の丸山不二夫氏は、「見かけは単純な目覚まし時計アプリに見えるが、アプリをほかの人に送れるところがAndroidらしい」とコメント。「アイデアが評価の対象になり、アイコンやデザインも好印象だった」(同氏)と大賞に選出した理由を述べた。

 丸山氏のコメントを受け、タオソフトウェアは、「いろいろなサイトで単純な目覚まし時計ソフトといった評価を受けていた。Android上でAndroidソフトができるかどうかといった疑問から始まり、最終的にできることがわかった。(審査員には)単純な目覚まし時計ソフトではないと分かってもらえたことが非常にうれしい」と語った。

 優秀賞は、商品のバーコードをスキャンしてウェブに投稿できる「はてなモノリス」(作者:はてな)、Xperiaのタッチパネルで手書き風フォントを作成できる「フォントロイド」(アスカラボ)、お互いの位置を特定して待ち合わせ場所の候補を挙げる「待ちぴったん」(ANALOG TWELVE)の3作品。技術賞は、顔写真に好きな言葉をしゃべらせることができる「PhotoSpeak」(モーションポートレート)。ルック&フィールド賞は、Twitter上の短編小説を画像付きで文庫本のように読める「つぶやき文庫」(高橋憲一氏)。学生賞は、Google Calendarに自動的に通話履歴を保存できる「通話履歴カレンダー」(Joao Orui氏)。グローバル賞は、画像と音楽を組み合わせてXperia向けにスライドムービーを制作できる「PICT RHYTHM」(テックファーム)。

 今回のコンテストは、日経BP社が主催となり、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズとNTTドコモが特別協賛。日本Androidの会が後援している。日経BP社は今冬、「Android Application Award 2010 Winter(仮)」を開催する予定としている。

Android Application Award 2010 Spring Android Application Award 2010 Spring表彰式。女優の伊藤裕子さんはルック&フィールド賞を選出した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加