logo

インテル、米連邦取引委員会と和解交渉中--独占禁止法違反訴訟

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年06月22日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間6月21日、米連邦取引委員会(FTC)との独占禁止法訴訟において、和解交渉中であるとの声明を発表した。FTCとIntelの弁護士が、裁判手続を保留する申し立てを共に申請したという。同声明では、7月22日までに両者が同意審決について討議し、その条件は非公開になるとされている。

 Intelは2009年、Advanced Micro Devices(AMD)との訴訟で12億5000万ドルの和解金を支払うことになったが、FTCはIntelの独占禁止法違反への追及の手を緩めなかった。Intelはまた、NVIDIAとの間でも訴訟を抱え、Dellとの関係についても追及されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集