logo

「iPhone 4」購入希望者、米国Apple Store前でさっそく野宿開始

文:Chris Matyszczyk(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年06月21日 11時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 4」の米国時間6月24日の発売を前に、ダラスのApple Storeの歩道脇に16日からワゴンを停め、テントを張って並ぶ人物がいる。最初に報じたのはThe Dallas Morning Newsのようだ。Justin Waggonerさんは、以前のiPhoneの発売時には前日から徹夜で並んでいただけだが、今回は発売の1週間以上前からApple Storeの前で待ち、同店で自身の持つAppleデバイスを充電している。

 WaggonerさんがAppleのファンかどうかは別として、メディアへの露出を喜んでいるのは間違いない。Waggonerさんは、自分が「ニュースに出ている」と通行人に話しかけ、The Dallas Morning Newsに対しても、「ニュースを追っていれば、わたしが誰かわかるだろう」と述べている。

 ただし、Waggonerさんはマニアとしての地位を確立したい意向もあるようだ。MacRumorsのフォーラムで、「わたしのことを変わり者だという人もいるだろうが、わたしは非常に熱心なファンだ。実際、わたしほど熱心なAppleファンに会うことはなかなかないだろう。2008年に『iPhone 3G』がリリースされたときから、ずっとわたしがこの店の一番乗りだ」とコメントしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集