logo

日立、公共図書館向け情報総合システム「LOOKS-i」を販売開始

富永恭子(ロビンソン)2010年06月17日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所(日立)は6月16日、自治体など公共図書館向け図書館情報総合システム「LOOKS21/P」を刷新し、新たに図書館情報総合システム「LOOKS-i」として、6月18日から販売すると発表した。

 LOOKS21/Pは、1995年から提供が開始され、現在、公共図書館から官公庁などの専門図書館まで、約120の図書館で利用されている。刷新されたLOOKS-iでは、図書の貸出や返却処理、資料検索、ICタグを活用した蔵書管理、図書館流通センターが提供する専用のウェブシステム「TOOLi」との連携といった、図書館業務に必要な基本機能を持つ。新規に蔵書を追加する際には、TOOLiの画面を開くことなく、LOOKS-iのシステム上で蔵書データベースに新規注文図書の目録を追加、発注データを図書館流通センターに送信して注文依頼ができるなど、職員の業務効率の向上を実現するという。

 これらに加え、職員が使用する操作画面にユーザビリティに配慮したデザインを採用し、システム利用時の操作性を向上させたという。具体的には、貸出返却処理や資料管理といった職員一人ひとりの担当業務に応じて、使用頻度の高い機能ボタンをトップページに設定できるといった改善が行われている。

 LOOKS-iでは、英語、韓国語、中国語など外国語書誌の登録や検索、多言語MARC(Machine Readable Catalog、計算機可読図書目録)登録にも対応している。また、ウェブブラウザ上で利用するシステムであるため、窓口の増設や近隣図書館との統合といったシステム変更にも柔軟に対応するという。構築したシステムはウェブサーバ上でソフトウェアを集中管理するため、機能拡張やバージョンアップを一括で行え、従来のクライアント/サーバ型での導入と比較して、システム管理に携わる職員の運用負荷を大幅に軽減するとしている。

 LOOKS-iの価格は個別見積で、提供は12月1日より開始される。日立では今後、自治体内の複数図書館で、システムを共同利用するプライベートクラウド形態によるLOOKS-iの提供も検討しているという。

-PR-企画特集