オリンパス、2.2型カラー液晶搭載のICレコーダー「Voice-Trek DM-4」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは6月16日、ICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック)」シリーズのフラッグシップモデルとして、「Voice-Trek DM-4」(DM-4)を発表した。7月上旬に発売する。店頭想定価格は3万円前後。

 DM-4は、マイクユニットを90度外側に配置したほか、高音質低ノイズ設計マイクを搭載。「ローカットフィルター」や「ノイズキャンセル機能」、「音声フィルター」など、多彩なノイズ除去機能をそなえる。

 録音形式は、44.1/48kHz 16bitの非圧縮フォーマット「リニアPCM」方式をはじめ、「WMA」や「MP3」に対応する。

 このクラスのICレコーダーでは最大となる2.2型の液晶モニタを装備。デジタルカメラで撮影した静止画のサムネイル画像を確認できるほか、スケジュール機能を備え、月のカレンダーを一覧表示できる。オリンパスによると、スケジュール機能をICレコーダーに搭載したのは今回が初めてになるとしている。

「Voice-Trek DM-4」 「Voice-Trek DM-4」

 記録メディアには、8Gバイトメモリを内蔵したほか、micro SD/SDHCカードにも対応。USB経由での画像取り込みも可能だ。バッテリはリチウムイオン充電池を使用しており、USBケーブルでPCと接続すれば、本体バッテリの充電もできる。

 本体には、音声合成技術によるテキスト読み上げ機能も搭載。PCからテキストファイルを転送すると、テキスト文を合成音声が読み上げ、読み上げ中の文章が画面に表示されるという。言語選択を英語にすれば、英文テキストの読み上げ再生も可能だ。

 サイズは、高さ113mm×幅45mm×奥行き15mm、重さは98g(電池含む)。マルチトラック編集が可能なPC用ソフトウェア「Olympus Sonority」が付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加