logo

著作権法違反:中学生、週刊少年誌のマンガを動画としてYouTubeで公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都府警(生活経済課ハイテク犯罪対策室、五条署、七条署、堀川署)と佐賀県警生活経済課、沖縄県警生活保安課の合同捜査班は6月14日、動画共有サイト「YouTube」を通じて週刊少年誌に掲載されたマンガを動画ファイルとして、権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、愛知県中区の男子中学生(14歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕した。社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が6月14日に発表した。

 この少年は、2009年12月22日から2010年2月9日までの間、前後4回にわたり、集英社が出版する「少年ジャンプ」掲載の「銀魂」「NARUTO-ナルト-」「ONE PIECE-ワンピース-」の3作品、小学館が出版する「週刊少年サンデー」掲載の「MAJOR」の1作品をYouTubeを通じて権利者に無断でアップロードしていた。

 少年はYouTubeに動画をアップロードした後、ブログやTwitterを通じて更新情報を通知していた。警察の調べによると、少年がアップロードしていた動画の再生合計は、2010年4月末時点で合計約800万回に上っていた。YouTubeのユーザーが著作権侵害で逮捕されたのは今回が初めてとなる。

-PR-企画特集