アメーバピグ、サンリオショップの仮想店舗をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは6月15日、仮想空間コミュニティサービス「アメーバピグ」内にサンリオショップの仮想店舗を開設し、Hello Kittyの仮想アイテムを販売開始した。

 アメーバピグは実在する街を模した仮想空間で、ユーザーが自分に似せて作ったアバター「ピグ」の着せかえや、ほかのユーザーとのリアルタイムな会話を楽しめるサービス。

 サンリオショップの仮想店舗では、Tシャツやポシェットなどのファッションアイテム、机やソファなどの家具アイテムなど、計10種類を販売する。なお、一部のアイテムはモバイル版のみの販売となる。

 また、アメーバピグの海外向けサービス「AmebaPico」でも、6月24日からサンリオショップの仮想店舗を開設し、同じラインアップでアイテムを販売するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加