logo

シグマ、RGBを忠実に再現するデジタル一眼レフカメラ「SIGMA SD15」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シグマは6月11日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ 「SIGMA SD15」を発表した。SD15ボディ単体と、ボディと標準ズームレンズ「18-50 mm F2.8-4.5 DC OS HSM」をセットにした「SD15スターティングキット」を販売する。発売は6月25日。価格はオープンだが、店頭想定価格はボディのみが12万5000円前後、スターティングキットが14万円前後になる。

 SD15は、RGBの全色を3つの層で取り込める1406万画素(2652×1768×3層)のCMOS「X3ダイレクトイメージセンサー」を搭載。シリコンの異なる深さに配置されている3つの層が、センサー表面に近い方から順に青(B)、緑(G)、赤(R)の光を取り込んで画像を生成する。原理的に偽色が発生しないため、ローパスフィルタを必要とせず、立体的で臨場感のある画像が得られるという。

 画像処理エンジンには、X3ダイレクトイメージセンサー専用の「TRUE II」を搭載。色彩豊かな高精細かつ立体的な描写を実現したとしている。

 記録メディアには、SD/SDHCカードを採用。液晶モニタは3.0型と大型で、77分割新型AEセンサ、10万回の耐久性を誇るデジタル対応シャッターなどを装備する。

 本体サイズは高さ107.3mm×幅144mm×奥行き80.5mmで、質量は680g (電池除く)。ポップアップ方式のフラッシュを内蔵する。

SIGMA SD15 レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ 「SIGMA SD15」

-PR-企画特集