[ブックレビュー]“続けられる”時間活用法--「成果を生む人が実行している朝9時前のルール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大和書房
美崎栄一郎
詳細:単行本(ソフトカバー) / 240ページ / 大和書房 / 価格:¥1470 / 著者:美崎 栄一郎 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm × 13.2cm × 2.4cm / 重量:0.3 kg
内容:朝の時間活用法を記した本は数多くあれど、なかなか長続きしない、という人に向けた時間活用法。「得意なこと」「ラクに続けられること」をキーワードに、長続きする時間活用法を提案する。
Amazon.co.jpアソシエイト

 朝の時間を活用するといっても、睡眠時間を削ってでも早起きする、というのでは体調を崩して早々に頑張れなくなりそうだ。そうではなく、今までとは少し違う朝の使い方をすることで、仕事が始まるまでの時間を有効に活用できるなら、行動を起こすのも簡単だ。

 本書には、その「ちょっとした行動」を起こすためのアイデアが、著者の経験に基づきたくさん紹介されている。朝にやることは、自分がやってみたいと思うことや、得意なことであり、興味のないことを無理やりするのではない。

 自分の得意分野に関することを調べて人脈を作ったり、そこから新たな仕事をしてみたり、可能性は無限大である。自分という人間を周りに知ってもらえば、チャンスを増やせる。しかし、人に自分を知ってもらうためには、まず己を知らなければならない。本書では、「己を知る」のがいかに重要か、ということにかなりのページが割かれている。この機会に、自分をじっくり見つめ直すのもいいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加