IIJ、設定不要のシンクライアント活用した仮想デスクトップサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は6月3日、アプリケーションを仮想化する「IIJ GIO仮想デスクトップサービス」と、クラウド型シンクライアント「REMO」を組み合わせた仮想デスクトップソリューション「IIJ GIOリモートオフィス」を開発し、7月から提供することを発表した。

 IIJ GIOリモートオフィスは、利用に応じた月額サービスという形式で、サーバリソースや端末を供給しており、初期展開時の導入コストを削減でき、端末故障や経年劣化による機器の更新、資産管理などの管理負荷を意識せずに、毎月一定料金で安定した性能の端末を継続利用できるという。IIJでは「導入コストだけでなく仮想デスクトップの構築、運用にかかわるTCOを削減することができる」としている。

 今回のIIJ GIOリモートオフィスでは、IIJグループのネットケアが独自開発したクラウド型シンクライアントのREMOを活用する。REMOは、IIJ独自開発の集中管理型ネットワークマネージメント「IIJ SMF」の自動接続や自動設定機能で設定不要のシンクライアント端末と、その端末の統合管理基盤を提供するソリューションであり、シンクライアントはネットブック型とUSB型の2種類を提供する。USB型では、USBメモリを差し替えれば、どの端末からでもユーザー固有のデスクトップ環境に接続が可能で、機器障害時でもデスクトップ環境を即時復旧することができるという。

 REMOで提供されるシンクライアント端末、REMOでシンクライアント化されたPCは、IIJ GIO上の仮想デスクトップ環境へアクセスできる。アクセスするためのネットワーク設定などは、IIJ側の管理サーバで保持しており、端末起動時にログインのIDとパスワードを入力するだけですむ。REMO端末の電源を切れば、設定情報はすべて端末上から削除され、紛失などの場合、管理者はウェブブラウザを通して、即座に仮想デスクトップへのアクセスを停止することができるという。IIJ GIOリモートオフィスの利用価格は、100ユーザーで仮想デスクトップ環境を構築した場合で、月額1台あたり9880円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加