logo

フルハイ最大15倍録画に対応--アイ・オー、「GV-MVP/Xシリーズ」など

エースラッシュ2010年06月03日 17時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は6月2日、フルハイビジョン最大15倍録画に対応した3波対応チューナー「GV-MVP/Xシリーズ」2モデルと、「スカパー!HD録画」対応HDDの横置きモデル「RECBOX HVL-AVシリーズ」3機種を6月中旬から順次発売すると発表した。

 GV-MVP/Xシリーズは、シングルチューナーモデル「GV-MVP/XS」と、2番組同時録画のできるダブルチューナーモデル「GV-MVP/XSW」の2つがラインアップ。いずれも地上・BS・110度CSデジタル放送に対応する。

  • 最新のBlu-rayレコーダ(左)とGV-MVP/Xシリーズ(右)で同じ10倍録画を比較

  • トランスコードチップにより、PCのパワーを軽減しながら長時間録画を実現したという

 ハードウェアトランスコード機能を搭載することで、フルハイビジョン映像を高画質なまま最大15倍録画できる長時間録画を実現している。PC内部に増設する拡張ボードタイプで、PCI Expressモデルとなっている。発売は6月中旬で、価格はGV-MVP/XSが1万5700円、GV-MVP/XSWが2万1000円。

 RECBOX HVL-AVシリーズは、録画した映像をLAN経由で家庭内どこからでも楽しめるハイビジョンレコーディングHDDだ。AVラックに置きやすい横型タイプなのが特徴で、同社地デジキャプチャ製品搭載PCからの番組ダビングができるほか、124/128度CSデジタル放送「スカパー!HD」のハイビジョン番組録画や、東芝ハイビジョン液晶テレビ「レグザ」からの録画にも対応する。

 1テラバイトモデル「HVL-AV1.0」は2万6400円で6月中旬の発売予定。1.5テラバイトモデルの「HVL-AV1.5」は3万1700円、2テラバイトモデルの「HVL-AV2.0」は3万7000円で、7月中旬発売予定だ。

  • シングルチューナーモデル「GV-MVP/XS」

  • ダブルチューナーモデル「GV-MVP/XSW」

  • 「RECBOX HVL-AV」シリーズ

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集