ビクター、再生スピードを±12%可変できるポータブルシステム「RD-M8-VD」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは6月1日、約4000曲の楽曲データを保存できる8Gバイトのメモリを内蔵したメモリポータブルシステム「RD-M8-VD」を発表した。6月下旬にビクターダイレクト 限定モデルとして発売する。販売価格は3万7000円前後。本体カラーはシルバーのみとなる。

 RD-M8-VDは、CDや内蔵メモリ、USBメモリ内の楽曲を再生時に、最大12%の範囲で再生スピードがコントロールできる。リモコンによる操作も可能で、語学学習やダンスレッスンなどに便利に使えるとしている。

 マイク端子を装備し、簡易拡声器として使用できるほか、マイク音声とCDなどの音楽データをミキシングしながら、同時に内蔵メモリやUSBメモリに録音することも可能。会議の記録やオリジナルソフトが作成できる。

 また、WMA対応の携帯電話やデジタルオーディオプレーヤーと接続すれば、ダウンロードした著作権管理機能付きのWMA-DRMファイルも再生できる。内蔵メモリ内の楽曲を、携帯電話やデジタルオーディオプレーヤーに最大約50倍速で高速転送することも可能だ。

RD-M8-VD メモリポータブルシステム「RD-M8-VD」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加