logo

コンテンツ配信「ビューン」、iPadユーザーは450円で雑誌や新聞が見放題

新澤公介(編集部)2010年05月31日 21時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 既報の通り、ソフトバンクグループのビューンは5月31日、新聞や雑誌、テレビのコンテンツを配信するサービス「ビューン」を発表した。対応機種は、アップルのiPad、iPhone、iPod touchと、ソフトバンクの携帯電話。6月1日に提供開始する。

孫正義 ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏

 ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、「iPad専用のアプリが今後ますます登場すると思う」とコメント。「iPadユーザーにはビューンを標準搭載してもらい、日本で唯一コンテンツが足りないと言われている雑誌や書籍を楽しんでほしい」と述べた。

 ビューンは6月1日時点で13社31コンテンツを用意する。利用料はiPadが450円/30日、iPhoneとiPod touchが350円/30日、ソフトバンク携帯電話が315円/月で、ユーザーは31コンテンツすべてを閲覧できるのが特長だ。

 雑誌コンテンツは、雑誌の発売日付けで主要記事や特集を公開する予定。その後、順次記事を更新する予定で、次号までに記事全体の約5割が閲覧できるようになるという。バックナンバーについては現在のところ用意していないというが、「早急に実現させたい」(ビューン代表取締役社長の蓮実一隆氏)としており、日ごと、週ごと、月ごとで過去の記事を保存する仕組みを提供する予定だ。

  • 新聞コンテンツはiPad用に編集している

 新聞コンテンツは、毎日新聞と西日本新聞、スポーツニッポンがiPadでの表示にあわせた記事を用意。一般的な記事のほかに、翌日の朝刊に掲載する予定の記事などを前日の22時に配信するという。テレビのコンテンツは、「日テレNEWS24」が随時更新され、フル画面で動画を視聴できるほか、テキストでも閲覧できる。

-PR-企画特集