logo

デノン、iPod対応のシステムコンポ「M38」シリーズ

加納恵(編集部)2010年05月25日 18時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デノンコンシューマーマーケティングは、CDチューナアンプとスピーカーを組み合わせられるシステムコンポ「M38」シリーズを発表した。デジタルプレーヤーと接続できるUSB端子を装備する。6月下旬に発売する。

 M38シリーズは、CDチューナアンプの「RCD-M38」(価格:4万4940円)と、スピーカーシステム「SC-M37」(価格:1万8690円)から構成されるシステムコンポだ。

 CDチューナアンプ部は、CD、CD-R/RWの再生ができるCDプレーヤー部を備えたほか、FM/AMチューナを内蔵。音声信号を忠実に再生する「ミニマムシグナルパス回路」、デジタル部とアナログ部の分離設計などにより、美しい音質を引き出すとしている。

 本体サイズは高さ115mm×幅210mm×奥行き309mm。ボディカラーはブラックとプレミアムシルバーの2色を揃える。

 スピーカーシステムのSC-M37は、12cmのウーファと2.5cmのソフトドームトゥイータを搭載した。ウーファの振動板には、独自のD.D.L.(DENON Double Layer)コーンを採用している。今回発表されたブラックのほか、木目タイプが既に発売されている。

M38シリーズ 「M38」シリーズ

-PR-企画特集