ホームページ作成サービス「Jimdo」、オリジナルテンプレートの配布が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIウェブコミュニケーションズは、ホームページ作成サービス「Jimdo」に新機能「PagePartner」を追加した。

 PagePartnerは、Jimdoユーザー自身が作成したJimdoのデザインやページコンテンツを、テンプレートとしてほかのJimdoユーザーに配布できる機能。テンプレートを配布するには、Jimdoでウェブサイトを作成したのち、パートナー制度に登録する必要がある。

 登録が完了すると、PagePartner用に作成された、Jimdo登録ボックス用ソースコードが発行される。そのソースコードをユーザー自身のウェブサイトに設置すれば、テンプレートの配布が可能となる。テンプレートを気に入ったユーザーは、設置されたJimdo登録ボックスにサブドメインとメールアドレスを登録すれば利用できる仕組みだ。

 今後は、PagePartnerが作成したテンプレートをJimdoオフィシャルページに集め、ユーザーに提供する予定。また、テンプレートの利用があった場合、テンプレートをデザインしたサイト運営者に一定の金額を支払う、アフィリエイト機能も予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加