logo

東芝モバイルディスプレイ、3Dメガネ用OCB液晶パネルを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝モバイルディスプレイは5月18日、3Dメガネ用のOCB液晶パネルを開発したと発表した。テレビや映画、ゲームなどの3D映像再生時に鮮明な画質を再現できるとしている。

 メガネ用液晶パネルに採用されたのは、以前から注力してきたOCB(Optically Compensated Bend)技術。正面は5000対1、視角30度では1000対1という高コントラストを維持しつつ、高速応答性と広視野角性能の両立するという。

 3D方式は、アクティブシャッター方式。シャッター応答速度は開→閉時で0.1ミリ秒、閉→開時で1.8ミリ秒と高速で、像が二重に見えたり、眼の疲労の原因ともなる3Dクロストークを大幅に低減する。また、広視角性能により、映画館や家庭のリビングなど広い範囲での3D映像視聴に最適としている。

OCB液晶パネルを採用した3Dメガネ OCB液晶パネルを採用した3Dメガネ

-PR-企画特集