コプロシステム、「デザイン思考」を学ぶ研修サービス--マーケターやウェブ制作者が対象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コプロシステムは5月より、企業のマーケティング担当者やウェブ制作者、商品開発担当者を対象にした研修サービス「デザイン思考ワークショップ」の本格展開を開始した。

 デザイン思考とは、デザイナーの感性にブレインストーミングやシミュレーションといった手法を組み合わせることで、ターゲットユーザーのニーズと技術をマッチングさせる思考法のこと。

 このワークショップでは、座学と体験を通じてデザイン思考を学習していく。仮想のターゲットユーザーモデル「ペルソナ」の作成や、生活の中での製品使用シーンを物語風に描く「シナリオ」、紙などで二次元の試作品を作りユーザービリティを考える「ペーパープロトタイピング」などの手法を使い、課題に応じた具体的なデザイン案の制作を、ワークショップ形式で実施する。

 研修は2日間、計10時間の内容。プログラムの内容は受講者のニーズに合わせてカスタマイズできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加