logo

RIM、「BlackBerry Bold 9650」と「BlackBerry Pearl 3G」を発表

文:Bonnie Cha(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年04月27日 14時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Research In Motion(RIM)のWireless Enterprise Symposium(WES)が正式に開幕するのは米国時間4月27日だが、同社はその前哨戦として26日に新しいデバイス2機種、「BlackBerry Bold 9650」と「BlackBerry Pearl 3G」を発表した。通信事業者や価格に関する詳しい情報はまだ分かっていないが、この発表によって、長い間登場が待たれていた2つのデバイスの姿をようやく目にすることができた。

picture 提供:RIM

 BlackBerry Bold 9650は、2009年夏から発表が予定されていた機種で、今回「Bold」という名前が付いたものの、本質的には「BlackBerry Tour」にWi-Fi機能と光学式トラックパッドが追加されたスマートフォンだ。ほかの機能はほとんどTourのものと同じで、海外ローミングが可能になるデュアルモード機能、国際3G周波数帯のサポート、3.2メガピクセルのカメラなどが搭載されている。また3.5mmのヘッドホンジャック、2.44インチのHVGAディスプレイ、512Mバイトのフラッシュメモリが搭載され、2GバイトのmicroSDカードが同梱される。

 現時点では、SprintのみがBlackBerry Bold 9650の提供を公式に発表しており、同社は5月23日から、2年契約を条件として199.99ドル(100ドルのリベート適用後)で販売するという。

 他方、BlackBerry Pearl 3Gは、人気のPearlシリーズの待望のリニューアルだ。以前の機種と同様に、Pearl 3Gもコンパクトなデザインで、サイズは高さ4.25インチ(約10.79cm)×幅1.96インチ(約4.98cm)×厚さ0.52インチ(約1.32cm)となっている。また同様にSureTypeキーボードを搭載しているが、今回は2種類の構成があり、「9100」モデルでは20キー、「9105」モデルでは14キーとなる。ほかのBlackBerry最新機種のように、トラックボールナビゲータに代わって光学式トラックパッドが搭載され、前面に専用メディアコントロールが表示される。

 BlackBerry Pearl 3Gも「BlackBerry OS 5.0」で動作し、Wi-Fi(802.11b/g/n)、Bluetooth、GPS機能を備える。BlackBerry Pearl 3GはAT&TとT-Mobileの3Gネットワークに対応している。

 最も衝撃的なニュースというわけではないが、RIMはWESで「BlackBerry OS 6.0」も披露する可能性があり、詳細の発表に期待が集まることは確かだ。同イベントで新しい情報があればまたお伝えする。WESはフロリダ州オーランドで4月27日から4月29日まで開催。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集