NTTぷららの「ひかりTV」、今夏に3D対応コンテンツ提供

新澤公介(編集部)2010年04月23日 20時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTぷららは4月23日、映像配信サービス「ひかりTV」の現状と事業展開に関する記者説明会を開催した。ひかりTVの会員数は2009年度末時点で101万人にのぼる。同社は2010年度末までに会員数140万人を目指す。

 NTTぷらら代表取締役社長の板東浩二氏は、会員数が100万人を突破したことで「顧客基盤とブランドは確立できた」とコメント。2010年度は、映像コンテンツの拡充とひかりTVの新サービスに注力するとしている。

板東浩二 NTTぷらら代表取締役社長の板東浩二氏

 映像コンテンツの拡充については、今夏をめどに3D対応のコンテンツを提供する。「利用シーンやどういったコンテンツがふさわしいかを慎重に検討する」(板東氏)としており、トライアルを通して本格的なサービス展開を目指す。また、コンテンツのハイビジョン(HD)化に向けて、HD対応の専門チャンネルを現在の30チャンネルから約40チャンネルに、ビデオ・オン・デマンド(VOD)作品を3000本から3500本以上にそれぞれ増やす予定だ。

  • HDD内蔵チューナーによる新サービス

 新サービスについては、まず6月にHDD内蔵チューナーの提供を開始し、7月にPCや携帯電話を使って外出先から録画予約できるようにする。また2010年度中に家庭内LANを使って、別室のテレビやPCから録画映像を視聴できる「マルチホーム」に対応させるとしている。

 このほか、7月からテレビのリモコンを使って商品を購入できるサービスのトライアルを実施するほか、2010年度中にユーザーの視聴行動にあわせて番組やVOD作品を推奨する機能などを提供する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加