logo

エプソン、8種類のOSから選べるインテル Core iプロセッサ搭載「Endeavor NJ3300」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソンダイレクトは4月20日、15.6型ワイド液晶を搭載し、CPUをインテル Core i3、i5、i7プロセッサから選択できるビジネスノートPC 「Endeavor NJ3300」を発表した。同社のオンラインショッピングサイトおよびコールセンターを通じて、4月末から販売を開始する。

 価格は、CPUにインテル Core i3-330M プロセッサ、1Gバイトのメモリと160GバイトのHDD、スリムDVD-ROMドライブ、OSにWindows 7 Home Premiumを選択した構成で6万4680円となる。

 Endeavor NJ3300は、チップセットにモバイル インテル HM55 Expressを採用。CPUは、2つのコアとメモリコントローラ、ビデオ機能を内蔵し、最大4スレッドを同時に実行できるハイパースレッディングテクノロジに対応したインテル Core i3、i5、i7プロセッサから選択できる。

 OSには、Windows 7の各エディションに加え、ビジネスユースでニーズの高いWindows XP ProfessionalとWindows Vista Businessの8種類から選択できる。

 15.6型ワイド液晶には周囲の光が映り込みにくい低反射タイプのノングレア液晶を採用し、キーボードにはテンキー付きキーボードを採用した。タッチパッドはマルチタッチに対応し、2本の指を使って画面の拡大と縮小、回転が可能だ。

Endeavor NJ3300 ビジネスノートPC 「Endeavor NJ3300」

-PR-企画特集