logo

Twitter、初の技術者向け会議「Chirp」を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間4月14日、同社初となる技術者向け会議「Chirp」をサンフランシスコで開催した。同社共同設立者Biz Stone氏およびEvan Williams氏らが基調講演に登場し、同社の過去そして次のレベルに向けた施策等について話をした。

 両氏によると、登録ユーザーは1億500万人(ただし、アクティブユーザーではない)、Twitter.comへのユニークビジター数は1億8000万人、1日当たりの獲得ユーザー数は30万人だという。また、年間成長率は1500%、1日当たり検索クエリ数は6億件、APIに対する呼び出しは30億件だという。

 また、Williams氏は、新機能「Points of Interest」を発表した。同機能は、ロケーションディレクトリとして特定の場所におけるツイートを集めることができるという。ただし、同氏によると、TwitterをFoursquareやGowallaのようなジオロケーションサービスに変えるつもりはないという。

-PR-企画特集