logo

Cerevo、しゃべるデジカメ「CEREVOT」を販売開始--追加予約も実施

岩本有平(編集部)2010年03月26日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cerevoは、ネットワーク対応のデジタルカメラ「CEREVO CAM」の限定版として、有名声優が演じるキャラクター音声を搭載した「CEREVOT」を3月26日より販売する。すでに販売予約は終了しており、予約者限定で同日より順次商品が発送される。

 CEREVO CAMは無線LAN内蔵のデジタルカメラ。ネットワークに接続して自動的に写真をサーバにアップロードし、連携する写真管理サービス「CEREVO LIFE」で写真を閲覧したりブログやTwitterへ投稿したりできる。

  • CEREVOT。上が「飯津シェアバージョン」のホワイト、下が「大戸あげるバージョン」のブラック

 CEREVOTはこのCEREVO CAMに音声再生機能を搭載し、起動や終了、シャッター音やフラッシュのオンオフなど、各種の操作に連動してカメラがしゃべるという限定版。価格は2万2222円。

 カラーはホワイトとブラックの2色で、ホワイトは声優の戸松遥さんが演じる「飯津シェア(いいづしぇあ)」、ブラックは若本規夫さんが演じる「大戸あげる(おおとあげる)」というキャラクターがそれぞれ話すという仕様。商品には、キャラクターをあしらったフロントパネル用ステッカーが2枚添付される。

 Cerevoは2007年設立(当時の社名はYOMEI)の家電ベンチャー。2009年12月に初の製品となるCEREVO CAMを発売し、ブロガーやネットユーザーの話題を集めた。今回、新たな分野のユーザーへリーチすることを狙いって「ガジェットや家電が好きな人たちとも属性の近い、アニメファンに興味を持ってもらえる製品を企画した」(Cerevo代表取締役の岩佐琢磨氏)という。

Cerevo代表取締役の岩佐琢磨氏 Cerevo代表取締役の岩佐琢磨氏

 製品のコンセプトを決めてからは、画像共有サービス「pixiv」に投稿していたイラストレーターに連絡をとってキャラクターのデザインを依頼し、Twitterを通して声優のセリフを募集。さらにはステッカーの制作元もTwitter経由で見つけるなど、「ユーザーと一緒に製品を作っていった」(岩佐氏)。販売予約は2月14日の午前0時に開始したが、1日で完売となった。

 同社では今回の販売開始にあわせて、追加販売をする予定。また通常版のCEREVO CAMユーザー向けには音声データのダウンロード販売(ステッカーは別途郵送)も開始する。こちらの価格は2599円となる。

 追加販売やダウンロード販売の詳細は、同日午後8時からUstreamにて配信するイベントで発表する。同イベントでは、CEREVOTの開発秘話や採用されなかったサウンド、イラストなども紹介される予定だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]