logo

富士通FIPと凸版、TOHOシネマズにギフトカード事業導入支援サービスを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通エフ・アイ・ピーと凸版印刷は3月19日、TOHOシネマズに対し、ギフトカード事業導入支援サービス「ギフトカードASPサービス」を提供すると発表した。

 ギフトカードASPサービスは、ギフトカード事業導入に関するビジネスサポートから、ギフトカードの製造と発行、プロモーションサポートまでを提供するサービス。

 TOHOシネマズは同サービスの導入により、既存のギフトチケットに代えて、同社が運営する全国の劇場52館で利用できるプリペイドカード「TOHOシネマズ ギフトカード」を4月1日から発行する。ギフトチケットと違い、発行前の在庫管理や利用後の回収、処分などが不要となるなど、事務処理コストが軽減されるという。

 ギフトカードは、劇場窓口およびインターネットチケット販売「vit」での映画鑑賞券の購入に利用できるほか、劇場内でポップコーンやドリンク、パンフレット、ポスター、ポストカードなどを購入できる。カードのデザインは3種類で、2000円、3000円、5000円、1万円の4通りの入金額でチャージできる。再チャージはできない。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]