logo

シャープ、小型・薄型の32万画素CMOSカメラユニットを開発--自動車のバックモニタ用に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは3月18日、自動車のバックモニタ用に適した車載向け1/3.7型32万画素CMOSカメラユニット「RJ642A10000Q」を開発した。業界最薄の19.5mmを実現したという。3月23日よりサンプル出荷を開始し、5月25日からの量産を予定している。サンプル価格は1万5000円。

「RJ642A10000Q」 「RJ642A10000Q」

 RJ642A10000Qは、画像処理回路を内蔵した高感度CMOSセンサやレンズ、防塵・防水対応の筐体、映像出力ケーブルなどを一体化したカメラユニットだ。シャープが携帯電話用カメラモジュールで培った高密度実装技術により、従来比の約3分の1となる容積7ccを実現したとのことだ。

 カメラユニットは接続したカーナビゲーションや液晶モニタなどに、車幅のガイドラインを表示することが可能。サイズは、高さ19.0mm×幅19.0mm×厚さ19.5mmと小型・薄型のため、自動車のデザイン性を損なわずに取り付けられるとしている。

 車載カメラは、後方の安全や駐車位置を確認するバックモニタ用途として、国内市場を中心に普及が進んでいる。また、米国では車両後方の安全性を高めるために、バックモニタなどの法制化の動きがあるとのことだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]