ブレイン、携帯向け高速メール配信システム「ブレインエンジン」のSaaS版を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブレインは3月15日、携帯電話向けの高速メール配信システム「ブレインエンジン」のSaaS版の提供を開始した。

 ブレインエンジンは、NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話事業者に向けて大量にメール配信する際、迷惑メールとみなされてメールが届かない、またはメールが配信遅延するといったキャリアブロックを回避するための、携帯電話向けの高速メール配信エンジンだ。災害通知や防犯メールを配信する地方自治体、官公庁などへの導入実績がある。

 今回提供するSaaS版のブレインエンジンはシステムに加えてネットワークも同社のものを利用するため、サーバやIPアドレス数など、IT環境を問わず導入が可能。ブレインエンジンの「ロードバランサー(負荷分散装置)技術」により、携帯電話キャリア向けだけでなく、フリーメールへの配信到達率も向上したとしている。

 初期費用は5万円、月額費用は10万円となっており、最短3カ月からレンタル形式で利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加