logo

SCE、ユーザーがゲームステージを作れる「リトルビッグプラネット」の開発会社を買収

永井美智子(編集部)2010年03月03日 14時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PlayStation 3向けの人気タイトル「リトルビッグプラネット」の開発会社である英Media Moleculeを3月2日に買収したと発表した。日米欧のソフトウェアタイトル制作部門を統括するSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)の開発力を強化するのが目的とのことだ。

 リトルビッグプラネットは、ユーザーが好きな素材やアイテムを組み合わせてゲーム内のステージを自由に作り、ほかのユーザーと共有できる点が特徴。これまでに全世界で300万本以上を出荷しており、170万のステージがユーザーの手によって作られ、公開されているという。

 Media Molecule共同創業者のAlex Evans氏は「クリエイターおよびゲーム制作に対するSCEの理解、強力なサポートはもちろんのこと、我々の奇抜なアイデアやアプローチにも真摯に耳を傾けてくれる姿勢があったからこそ、SCEとの間で類まれな信頼関係を築くことができた。『リトルビッグプラネット』の功績はそれを証明しており、今後SCEグループの一員としてゲーム制作の新たなチャプターを迎えることができることを嬉しく思っている」とコメントしている。

 SCE WWSは、日米欧に15のスタジオを持ち、2500人以上のスタッフを抱えている。なお、今回の買収の金額は明らかにしていない。

リトルビッグプラネット 「リトルビッグプラネット」のゲーム画面。ユーザーはアイテムを配置して好きなステージを作れる
(C) Sony Computer Entertainment Europe. Published by Sony Computer Entertainment Inc. Developed by Media Molecule.

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]