logo

日本のTwitter利用率は8%どまり--富士通総研調べ

鳴海淳義(編集部)2010年03月01日 15時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通総研は3月1日、ミニブログサービス「Twitter」の利用状況に関する調査結果を発表した。

Twitterの利用状況Twitterの利用状況

 Twitterという言葉を知っている人(利用者を含む)は70.2%にのぼるが、現在利用している人は8.2%にとどまった。

 利用率を年代別に見ると、10代が14.9%で最も高く、20代は12.4%で、30代以降は8%以下と低くなっている。職業別でも学生の利用率が16.6%と高いことから、「Twitterは大学生を中心とした若年層の利用が多い」と富士通総研は分析している。

年代別Twitterの利用率、認知率年代別Twitterの利用率、認知率

 利用内容も年代で異なった。10代と20代は1日の利用頻度が高く、PCと携帯電話の両方でアクセスしている人の比率が高かった。Twitterをリアルタイムのコミュニケーションツールとして使いこなしていると見られる。

 利用者にTwitterのメリットを聞いたところ、全体では「リアルタイムに情報発信ができる」(52.5%)、「ブログより更新が簡単」(52.2%)という情報発信に関するものが5割を超えていた。また、「新しいメディアなので面白そう」(26.8%)、「有名人の情報にアクセスできる」(21.9%)という意見も多かった。

 有名人のTwitterアカウントのフォロー状況を見ると、鳩山由紀夫首相が23.2%、堀江貴文氏が15.2%、評論家の勝間和代氏が12.7%、シンガーソングライターの広瀬香美氏が12.3%となった。

有名人のTwitterアカウントのフォロー状況有名人のTwitterアカウントのフォロー状況

 有名人のフォロー率はほかの年代よりも40代が高く、鳩山由紀夫首相をフォローしている率は40代では30.6%、堀江貴文氏は22.4%だった。

 調査期間は1月18日から20日で、調査手法はインターネット調査。15歳から64歳の5451人が対象となった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]