ファイル共有ソフト「Cabos」の悪用で国内初の逮捕者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香川県警察本部生活安全部生活環境課および香川県高松南警察署は2月25日、Gnutellaネットワークを利用するファイル共有ソフト「Cabos」を使用し、インターネット上に音楽データを無断で公開していた高松市内の飲食店経営の男性(33歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕した。

 警察の調べによると、この男性は2009年12年12日から12月15日までの間、自身が経営する飲食店内において、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権を持つ楽曲データをCabos経由で権利者に無断でネット上に公開し、不特定多数の人に対して送信できるようにしていたという。

 Cabosは中央サーバを必要とせず、ユーザー間の通信でファイルを共有できる日本製のソフト。Cabosを悪用して音楽著作権を侵害した事件の逮捕者は国内初となる。JASRACでは、Cabosを含むファイル共有ソフトの多くはファイルをネット上に公開する機能があるため、利用した時点で違法となるとして注意を呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加