logo

CA、3Teraを買収しクラウドコンピューティングへの対応を強化

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦2010年02月25日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CAは米国時間2月24日、クラウドコンピューティング企業の3Teraを買収すると発表した。

 買収の条件は明らかにされなかったが、CAは3Teraのプラットフォーム「AppLogic」を手に入れることになる。AppLogicはパブリッククラウドやプライベートクラウドをまとめ、相互の接続関係をわかりやすいインターフェースで表示するプラットフォームだ。

 この買収により、CAは同社のクラウドコンピューティング製品のラインナップをさらに増強する。これまでもCAはCassatt、NetQoS、およびOblicoreを買収している。CAの狙いは同社のIT管理ソフトウェアをクラウドコンピューティング環境でも使えるようにすることだ。

 CAは声明のなかで、3Teraのソフトウェアを、CAのクラウド資産に加え、同社のITインフラ管理ツール(「CA Spectrum Automation Manager」や、「CA Service Assurance」)とも統合すると説明している。CAはまた、3Teraのサポート範囲を「VMware ESX」やMicrosoftの「Hyper-V」といった仮想化プラットフォームに拡大する。3Teraは現在、「Xen」の仮想化プラットフォームを利用している。

 3Teraには現在、企業とサービスプロバイダーを合わせて80あまりの顧客がいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]