logo

ASUS、Core i5/i3プロセッサや15.6型ワイド液晶搭載のノートPC「K52F」2モデルを発売

エースラッシュ2010年02月17日 19時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeK Computerは2月17日、インテルのCore i5/i3プロセッサや15.6型ワイド液晶を搭載したノートPC「K52F」2モデルを2月20日に発売すると発表した。

 K52Fは、Core i5-430M(2.26GHz)を搭載した「K52F-SX005V」と、Core i3-350M(2.26GHz)を搭載した「K52F-SX003V」の2モデルで構成されている。ディスプレイはいずれも1366×768ドット表示の15.6型ワイド液晶で、数字入力が容易なテンキーを標準装備。指先以外がタッチパッドに触れた際もカーソルの位置が変わらず快適に利用できる新機能「パームプルーフ・テクノロジー」のほか、Altec Lansing Technologies社製の高品質スピーカー、SRS Premium Sound技術などを搭載している。

 CPU以外の主なスペックは、K52F-SX005Vが4Gバイトメモリ(2Gバイト×2、DDR3)、500GバイトのHDDを搭載。K52F-SX003Vが2Gバイト(2Gバイト×1、DDR3)、320GバイトのHDDを搭載している。

 共通スペックとしてはDVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth Version 2.1+EDR、USB 2.0/1.1×3、HDMI出力端子、30万画素のウェブカメラなど。本体サイズは高さ34.5〜35.7mm×幅380mm×奥行き255mm、標準バッテリ装着時の重量は約2.6kgで、バッテリ駆動時間は約3.5時間だ。希望小売価格はK52F-SX005Vが8万9800円、K52F-SX003Vが7万9800円となっている。

「K52F」 「K52F」

-PR-企画特集