logo

キヤノンと富士通が協業--プリンティング機器やIT機器の一元的な運用と管理へ

坂本純子(編集部)2010年02月16日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンと富士通は2月16日、プリンティング機器およびIT機器の運用と管理サービスの分野で協業することに合意したと発表した。

 プリンティング分野に強みをもつキヤノンとクラウド技術などIT分野に強みを持つ富士通がこれまで培ってきた技術とノウハウを組み合わせることにより、複合機やプリンタ、IT機器などの管理について「ワンストップ」で高品質なサービスを包括的に提供できるとしている。

 具体的には、キヤノンのドキュメント入出力環境を最適化し包括的に管理・運用する「キヤノン・マネージド・ドキュメント・サービス(Canon Managed Document Services)」と、富士通のIT資産をトータルにサポートする「ワークプレイス-LCM サービス」を組み合わせて、共同で提供する。

 クラウドコンピューティング分野でも両社の持つ技術を連携させ、管理・運用サービスの基盤を進化させていくという。このマネージドサービス分野での技術連携を活用したサービスの提供により、生産性のさらなる向上とコスト削減、運用のスリム化を図るとともに、セキュリティや環境への対応など新たな付加価値を提供するとしている。

 さらに両社は共同でマーケティングおよびアライアンスの推進を行い、ビジネスの企画および支援体制を整備する。3月よりキヤノンマーケティングジャパンと富士通が共同で、日本の中堅および大手企業を対象に本サービスの提供を開始し、今後3年間で100社のサポートを目指す。今後は、この協業のグローバル展開を検討していくとのことだ。

-PR-企画特集