logo

パナソニック、R・G・B各専用センサー搭載のハイビジョンビデオカメラ「HDC-TM700」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは2月10日、R(赤)・G(緑)・B(青)の各色専用センサーを搭載した新3MOSで高画質を実現したデジタルハイビジョンビデオカメラ「HDC-TM700」を発表した。3月10日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は15万円前後になる。

 TM700は、民生用AVCHD規格対応ビデオカメラとしては世界初となる1080/60p記録が可能となり、従来の1080/60i記録に比べて映像の情報量を2倍へと向上。これにより、速い動きの被写体もくっきりと撮影できるほか、1080/60iで発生しがちな、ななめ方向のノイズが出にくく、なめらかで奥行き感のある映像が表現できるという。

 さらに、新開発のHDクリスタルエンジンプロによる高演算処理と、大口径レンズの採用により、低照度撮影時のノイズを大幅に低減。色ノイズは従来モデルの5分の1となり、夜景や屋内撮影など暗いところでも高画質な映像が可能となった。

 機能面では、フルマニュアルで好みに応じた撮影を実現するマニュアルリングや、ビューファインダー、屋外での撮影時に風の音だけを抑えて本来録っておきたい音を残すことのできる風音キャンセラー機能などを搭載した。

 96Gバイトの内蔵メモリとSD/SDHC/SDXCカードに記録が可能。本体サイズは、高さ69mm×幅66mm×奥行き138mmで、重量は約380g(バッテリ含まず)となる。

「HDC-TM700」 「HDC-TM700」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]