logo

HTML対Flash--「iPad」発表で加熱する議論と共存の可能性 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月09日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ただし、これはウェブ上でFlashがどれだけ多く使われているかというだけの話ではない。HTML 5とそれに関連するテクノロジは急速に発展しているが、ブラウザのサポートと同時並行で発展しているために、不完全でありながらも実際的な価値を持って登場している。しかし多くの開発者は、2010年かおそらくそれ以降に事態が落ち着くまで、傍観する可能性が高い。

Open Web連合

 数年間にわたるHTML標準化の混乱ののち、Apple、Opera、Mozilla Foundation、そして最近ではGoogleといったブラウザメーカーは、ウェブ標準の新しい方向性を打ち出している。

 HTML 5で最も目につく側面は、おそらくオーディオとビデオの標準サポートだろう。しかし、そのほかにも策定中のHTMLの機能がある。アプリケーションが利用できるようにデータをコンピュータへ保存することや、周期的に更新をブラウザにプッシュするためのWeb Sockets、ウェブプログラムが複数のタスクを同時に行うためのWeb Workers、より良い2DグラフィックスのためのCanvasなどだ。

 「Open Web」の旗印の下で行進しているこれらの企業は、同時に、ウェブ上の3Dグラフィックスを高速化するWebGLのような新しい標準を作ったり、CSSウェブフォントを利用したより良いタイポグラフィーを可能にしたり、SVGなどほかの標準のサポートを強化したり、ウェブベースのプログラムを記述するためのJavaScriptの性能を向上したりしている。

 Microsoftはここ10年間のブラウザ開発運動にほとんど参加せず、Flashのライバルである「Silverlight」の普及に努めているが、そのMicrosoftでさえもこの動きに関与し始めている。同社は、ウェブ標準に関心があることを誓っており、ここ数カ月はHTMLとSVGの開発に従事している。「Internet Explorer(IE)」チームのシニアプログラムマネージャーPatrick Dengler氏は、MicrosoftのSVGへの取り組みについての1日のブログ記事で「肯定的な反応が圧倒的だ」と述べている。

 AdobeのプロプライエタリなFlashソフトウェアには、哲学的な反対に加えて、現実的な不満もある。クラッシュだ。Mozillaが「Firefox」の新しい「Lorentz」バージョンを出そうと急いでいるのも、それが主な理由だ。このバージョンでは、プラグインの問題がブラウザ全体に及ばないように、プラグインが別のコンピューティングプロセスに分離される。

 実際に動作している新しい例の1つが、このブラウザアプリケーションだ。これは、画像をブラウザにドラッグすると、その画像をローカルのコンピュータに保存し、さまざまな編集機能を提供し、サイズを小さくして、Twitterのログイン情報を使ってTwitpicにアップロードする。さらに例を挙げれば、CSSでアニメーションする「スター・ウォーズ」のAT-ATウォーカーJavaScriptで再構築された「Windows 3.1」Canvasを使用した一人称ギフターゲームなどがある。

 一方、Flashと縁を切った現実のサイトもある。例えば、iPhone向け「Google Voice」アプリケーションはブラウザ内で動く。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]