logo

MS、「Office 2010」の無償アップグレードを計画か--従業員のブログ投稿で明らかに

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年02月05日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Office」や「Windows」の新版がリリースされる前に現行版を購入するユーザー向けに、Microsoftが新版への無償アップグレードを約束する「技術保証」(Technology Guarantee)を提供するのは珍しいことではない。そのため、同社が「Office 2010」に対してもアップグレードプログラムを計画していることは、特に驚くべきことではない。

 しかし、Microsoftがこのプログラムを発表する準備を整える前に、従業員が計画されているこのアップグレードプログラムの詳細を一時的にブログに掲載してしまった。この投稿はすぐに削除されたが、時すでに遅しだった(同投稿は、Ars Technicaが報じているように、Googleのキャッシュにまだ残っている)。

 現在は削除されているこの投稿によると、同プログラムは米国時間2010年3月5日に開始されるという。つまり、3月5日〜9月30日に「Office 2007」を購入した人には、それと同等バージョンのOffice 2010への無償アップグレードが提供される。ユーザーはOffice 2010の一般リリース後、直ちにこれをダウンロードすることができる。少額を支払って、DVDを注文することも可能だ。

 購入者は、対象の各Office 2007に対し、Office 2010を1部入手することができる。無償アップグレードは、1人あたり25部までに制限される。

 Microsoftは、投稿は誤って掲載されたものであり、同社は技術保証プログラムについて何も発表することはないと述べた。

 同社は今週に入って米CNETに対し、6月に発売されるOffice 2010の正式版に近い「リリース候補(RC)」版を一部のテスターに提供したことを認めている。

 一方、SD Timesは同社ウェブサイトで、MicrosoftがOfficeの企業ユーザー向けに、何らかの新しいサブスクリプション価格体系を検討していると報じている。Microsoftは、この報道に対するコメントを避けた。

picture 1 ※クリックすると図が拡大されます
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集