logo

トレンドマイクロ、日本における1月のネット脅威レポートを発表--ウェブサイト改ざんが頻発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは2月3日、日本国内における2010年1月のインターネット脅威に関するマンスリーレポートを発表した。全体のマルウェア感染被害の報告件数は1670件と、前月から24件増加したほか、ウェブサイトの改ざんが頻発している現状を示している。

 感染報告数トップの「MAL_OTORUN」は、リムーバブルドライブ経由で感染するAutorunで利用されるマルウェアで、いまだに高い報告数を維持している。2位はダウンローダ「WORM_DOWNAD」、3位は改ざんされたサイトに埋め込まれるJavaScript「JS_ONLOAD」、そして4位には不正プログラムをダウンロードする「JAVA_BYTEVER」がランクインした。Gumblarは18件で10位となり、前月の4位からランクダウンした。

 同社では、「正規サイトの改ざんから不正プログラムのダウンロードを経てFTPのアカウント情報を盗む一連の攻撃をGumblar攻撃と呼ぶ例が多い」としており、報告件数4位のJAVA_BYTEVERもJREの脆弱性を利用して不正プログラム「TROJ_WALEDAC」や偽セキュリティソフトをダウンロードし、FTPアカウント、HTTPベーシック認証、POP3などのユーザー名とパスワードを盗むという攻撃に使われているそうだ。

 同社はウェブサイトの改ざん方法について、改ざん用自動攻撃ツールが用いられている可能性も指摘されているため、サイト運営者がログを定期的に監視して不正な攻撃や改ざんがないかをチェックする必要性を指摘。「可能であればサーバメンテナンス用のFTP接続を、許可されたコンピュータのみに制限することが有効」としている。

 個人ユーザーに関しては、OSだけでなくAdobe FlashやAdobe Reader、JREなどのソフトウェアが最新の状態であるかを再度チェックすることを推奨している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]