logo

アップル、「iPhone」「iPod touch」のOSを更新--脆弱性に対処

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉2010年02月03日 09時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間2月2日、「iPhone」と「iPod touch」の5件の脆弱性に対応するセキュリティアップデートを公開した。これらの脆弱性のうち3件により、攻撃者が遠隔地からデバイスをコントロールできるようになるおそれがある。

 iPhoneやiPod touchのユーザーが悪意ある音声ファイルや画像ファイルを開くか、悪意あるFTPサーバにアクセスした場合、攻撃者はこれら3件の脆弱性を悪用して遠隔地からコードを実行する可能性がある、とAppleは述べた。

 また、別の1件の脆弱性により、ロックされた機器に物理的にアクセスできる人物が、パスコードを回避してデータにアクセスできる可能性がある。

 これらの脆弱性に対応するセキュリティアップデートが、「iPhone OS 3.1.3」「iPhone OS 3.1.3 for iPod」として提供されている。詳細はAppleのセキュリティサイトで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集