logo

グーグル、「Social Search」ベータ版を公開へ--SNS上の友人のコンテンツが検索可能に

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、長谷睦2010年01月28日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Social Search」が、より対象を広げたテストに向けて準備を整えた。

 Social Searchは、2009年10月に開催されたWeb 2.0 Summitで初めて発表された。Social Searchを使うと、Google検索のユーザーは自身の「Google Profile」を、「Facebook」や「Twitter」などのソーシャルネットワーキングサイト上のさまざまなプロフィールとリンクできるようになる。Googleは当初、Social Searchを「Google Labs」プロジェクトとして公開したが、同社は米国時間1月27日、このサービスをより広範なGoogleユーザーに公開すると発表した。

 簡単に説明すると、Social Searchは、検索結果をカスタマイズし、検索ユーザーと同じソーシャルネットワークに属する友人たちが作成したコンテンツも表示するサービスだ。ただし、そのソーシャルネットワークに登録している友人すべてが、Social Search機能への登録を許可する必要がある。すなわち、あるユーザーが特定のトピックについて行った検索に、そのユーザーの友人たちが「Blogger」やTwitter、Facebookなどを通じて作成したコンテンツを表示するには、これらのコンテンツを作った友人の側が、自身のGoogle Profileにリンクを追加する必要があるということだ。

 Social Searchは画像検索でも機能する。ただしこれも、友人が自身の「Flickr」または「Picasa」アカウントをGoogle Profileに追加することが条件になる。Googleによれば、これらの機能はGoogleアカウントを保有するユーザーを対象に、今後数日以内に公開される予定だという。

 2010年に入り、Googleはソーシャルネットワーキング技術およびサービスへの投資を強化する姿勢のようだ。同社は先ごろ、Joseph Smarr氏やChris Messina氏を採用し、「Social Web」チームを立ち上げたと報じられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]