logo

三洋電機、ズームと静止画撮影を強化したムービーカメラ「Xacti」

加納恵(編集部)2010年01月27日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は1月27日、デジタルムービーカメラ「Xacti」シリーズにおいて、30倍ズームを搭載した「DMX-SH11」(SH11)と、1400万画素の静止画撮影機能を備えた「DMX-CG110」(CG110)を発表した。2月下旬に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格はSH11が6万円前後、CG110が5万円前後になる。

 いずれもムービーフォーマットはMPEG-4 AVC/H.264を採用。フルハイビジョン動画撮影に対応する。16Gバイトの内蔵メモリのほか、SD/SDHC/SDXCカードに撮影できる。

 本体にはHDMIとUSBを装備し、外付けHDDや対応テレビなどへの接続が可能。パソコンを介さずに撮影データを保存できる「Xactiライブラリー機能」も内蔵した。

 SH11は、高さ59.2mm×幅42.8mm×奥行き117.9mmの横型ボディを採用。従来機に比べ横幅を抑えたスリムボディを実現したという。RECボタンは、背面部に加え本体上面前部に「ダブルサブRECボタン」を備え、ローアングルでの撮影をサポートする。

 撮像素子には、1/3.6型のCMOSセンサを内蔵。フルハイビジョン動画が撮影できるほか、約400万画素の静止画撮影が可能だ。独自の「アドバンストズーム」により、広角35mmから30倍ズームまでの撮影ができる。レンズズームと連動して、音声もズーム録音できる「ズーム連動モード」など、3つのマイクモードも搭載している。ボディカラーはブラックとレッドの2色になる。

「DMX-SH11」 「DMX-SH11」

 CG110は、独自の新エルゴノミクスデザインによる縦型ボディモデル。1/2.33型のCMOSセンサに最適化された、高速映像処理エンジン「プラチナΣ(シグマ)-III」を開発し、フルハイビジョン動画のほか、約1400万画素の静止画撮影を実現した。

 光学5倍ズームのレンズには、異なるズーミング領域をボタンで切り替えることで、より広い領域での撮影を可能にした新開発の12倍「ダブルレンジズーム」を搭載。35mm判換算で広角40mmから480mmの望遠撮影までができるとのことだ。ボディカラーはブラックとレッドの2色になる。

「DMX-CG110」 「DMX-CG110」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]