logo

パナソニック、モバイルPC「Let'snote」の春モデル「9シリーズ」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月25日、モバイルPC「Let'snote」の春モデルとして、「軽量・長時間・頑丈(タフ)」設計を踏襲しながらさらなる高性能を実現した「9シリーズ」を発表した。2月17日より店頭モデル、パナソニックの直販サイト「マイレッツ倶楽部」モデルが順次発売される。

 9シリーズとしてラインアップされたのは、インテル社の新アーキテクチャを搭載し、さらに高速処理を実現したプロフェッショナルモバイルレッツノート「F9/S9/N9/R9」の4シリーズだ。

 F9/S9/N9シリーズには、インテル Core i5-520M vProプロセッサ、R9シリーズには、インテル Core i7-620UM vProプロセッサを搭載し、前モデルと比べて約1.4倍の高性能を実現した。Windows XP Modeを標準でサポートし、Windows 7を使用しながらWindows XP SP3を仮想的に動かすことが可能だ。これにより、従来から使用していたWindows XPと互換性のあるソフトを使用できるという。

 また、F9/S9/N9シリーズには、高速モバイル通信「モバイルWiMAXモジュール」を標準搭載した。通信速度が向上し、受信最大20Mbps/送信最大6Mbpsの高速通信が可能だ(別途契約が必要)。

 F9シリーズは、大画面高解像度の14.1型WXGA+液晶ディスプレイとDVDスーパーマルチドライブを搭載し、重さは約1.61kg。バッテリ駆動時間は約9時間になる。価格はオープンだが、マイレッツ倶楽部では21万7450円からとなる。

 S9シリーズは、12.1型WXGA液晶ディスプレイとDVDスーパーマルチドライブを搭載。重さは約1.32kg。約14時間のバッテリ駆動を実現した。価格はオープンだが、マイレッツ倶楽部では21万7450円から。

 N9シリーズは、S9シリーズのDVDスーパーマルチドライブ非搭載モデル。重さは約1.26kg。価格はオープンだが、マイレッツ倶楽部では20万7450円から。

 R9シリーズでは、新薄型軽量ファンを搭載した独自の新放熱設計で、インテル Core i7 vProプロセッサ搭載のA5サイズPCとして、世界最小ボディを実現したとのこと。10.4型XGA液晶ディスプレイを搭載し、重さは約0.93kg、バッテリ駆動時間は約7.5時間となる。価格はオープンだが、マイレッツ倶楽部では19万7450円から。

「R9シリーズ」 「Let'snote F9/S9/N9/R9」シリーズ

-PR-企画特集